天然セラミド以外のセラミドにはどんな種類があるのか - 天然タウリンと合成タウリン

天然セラミド以外のセラミドにはどんな種類があるのか

セラミドは人の肌に存在している成分です。

非常に高い潤い保持機能を持っていることから、肌の乾燥予防、改善には欠かせない成分です。

ただしその数は加齢と共に減少していくので、スキンケアなどで外側から補うことが求められます。
スキンケアなどに含まれているセラミドは、その原料によって4種類に分類されています。
天然セラミドもその一種です。



天然セラミドは、主には馬などの動物の脳や脊髄から抽出されたセラミドです。

天然セラミドの魅力は、安全性が高く、より多くのセラミドを含んでいる点です。



そしてその一方で、同じ動物であることから肌への浸透力に優れていると言うのも嬉しい点です。

では、天然セラミド以外にはどのような種類のセラミドがあるのかと言うと、まずはヒト型セラミドです。

これは酵母を利用して作られたセラミドで、名前の通り、人の皮膚に存在するセラミドとほぼ同等の化学構造で製造されています。
そのため天然セラミド同様、肌に対しての負担が少なく、馴染みやすいと言うのが特徴です。


それから植物性セラミドです。



これは米ぬか油、小麦胚芽油などから抽出されたセラミドです。最近ではこんにゃく由来の植物性セラミドも増えてきており、これは米や小麦などに対してアレルギーを持っている人でも、安心して使用できるセラミドとして注目を集めています。
最後は合成セラミドで、これは石油原料から合成されたセラミドです。
大量生産ができるため安価であるのが魅力的ですが、あくまでセラミドに似た構造をしている成分に過ぎないと言う点には留意しておきたいです。