マルチミネラルビタミンの中で不要な成分がある

マルチミネラルビタミンと聞くと、1つの書品の中に一通り何でも入っているから手っ取り早く栄養を摂れる、一通り入っているから安心、というイメージを抱く人が多いでしょう。


マルチミネラルビタミンに、今の日本人の食生活に不必要なものが入っているのではないだろうか、などと疑う人は少ないようです。
しかし、中には日本人の現在の食生活に不必要な成分が、マルチミネラルビタミン商品には含まれていることもあります。
その代表的な成分は、ヨウ素です。
日本人の場合、ヨウ素が不足する心配はなく、むしろ過剰となるケースが大半です。


2センチ×4センチほどの切符くらいの大きさの昆布を毎日食べると、ヨウ素は過剰になると言われています。
そんなにたくさん食べているはずはない、と多くの人が思っていますが、「だし汁」や調味料としてヨウ素を摂っていることがあります。

みそ汁や麺類の汁から摂っていたり、隠し味として使っている昆布茶などから摂っていることが多いです。

和食だけではなく、ラーメンのスープに昆布を使うこともあるし、パスタの隠し味や洋食でも昆布の粉末を使うことがよくあります。

また、海藻サラダやワカメサラダ、もずく、メカブなどの海藻を食べることも多いのが日本人の食事です。
サプリメントはアメリカが発祥なので、アメリカ人の食生活に合わせて作られている商品が大半です。



マルチミネラルビタミンのサプリメント商品も、大半がヨウ素を含んでいます。

1人1人に合ったガジェット通信について親身になってアドバイスいたします。

中には、ワカメみそ汁を1杯飲めば1日の耐容量を超えてしまうような商品もあります。



自分は海藻を全然食べない食生活かどうか、自分に必要な成分かどうか、考えてから購入しましょう。